« 転職 | トップページ | 法事 »

2007年9月 6日 (木)

大村益次郎

Rimg0211 無名戦没者の遺骨を収めている千鳥ヶ淵戦没者墓苑がある。住所は千代田区三番町2番地である。実は、この地は、靖国神社境内にある銅像の人物(写真)、大村益次郎の屋敷跡である。彼は、ここで蘭学塾の「鳩居堂」を開いていた。

なぜ、大村の銅像が、靖国神社にあるのか。

それは、戊辰戦争での勝利の立役者、維新後は、兵制近代化を進めて、国民皆兵による徴兵制度の導入に貢献した、初代兵部大輔としての立場の反映があるのであろう。

Rimg0205_2 しかし、千鳥ヶ淵戦没者墓苑(写真下)もまた、大村とゆかりの地であることは知らなかった。

|

« 転職 | トップページ | 法事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 転職 | トップページ | 法事 »