« 亀井氏の心境 | トップページ | 訃報 »

2007年9月13日 (木)

中村正直

Rimg0069 「彼は明治七年洗礼を受けてメソジスト教会に属しますが、その信仰の本質は「キリスト教化せられた儒教主義」に外ならなかったといわれています」(『近代日本とキリスト教--明治篇--』基督教学徒兄弟団発行、37頁)

この「彼」が中村正直である。墓は谷中墓地にある(写真)。説明文もあるが、キリスト教への言及はない。

彼は明六社の会員。明六社とは、アメリカ駐在の代理公使であった森有礼が明治六年(1873年)七月に帰国して、有志10人と共に作った結社。明治六年に結成されてので、明六社と名づけられた。

中核的会員は、森、西村茂樹、福沢諭吉、中村正直、西周、津田真道、加藤弘之、杉享二、箕作秋坪、箕作麟祥の10人。

|

« 亀井氏の心境 | トップページ | 訃報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 亀井氏の心境 | トップページ | 訃報 »