« 大死 | トップページ | 甘露台 »

2007年10月14日 (日)

和顔愛語

職場の一隅に短冊がある。お釈迦様の絵の上に「和顔愛語」の4文字が書かれている。

宗教が原理的に先鋭化していくと、この言葉の実践は難しくなる。他者批判が強くなり、社会問題化していくかも知れない。

その立場が、どんなに正統であろうとも、「和顔愛語」の実践団体の方が、神の恵みが宿っているような気もする。

生活習慣の中に、「和顔愛語」を取り入れるなら、人間関係も、もっと潤いのあるものとなり、生産的になるであろう。

これは、簡単な日々の宗教的実践への誘いでもある。

|

« 大死 | トップページ | 甘露台 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大死 | トップページ | 甘露台 »