« 無為 | トップページ | 縁 »

2007年11月 4日 (日)

慎みと規律の国

仏教からは慎みを、儒教からは規律を教えられてきた国が日本。日本のかたち、それは慎みと規律ではないだろうか。

慎みとは色即是空の思想からくるものである。

|

« 無為 | トップページ | 縁 »

コメント

『慎みと規律』の国日本について私は少し違う考えを持っている。東日本大震災に際しての人々の秩序ある振る舞いが外国から驚きの目で見られ、その拠って来るところは何かを大学生が話し合う場面まであった。ある外国人の意見では教育の故だろうとのこと。そしてここに記載されている意見。教育や習慣、躾の類は一代限りであるし後から付けたもので危急に際しては役に立たない。私思うに日本人の血の中にそのようなものがあるのだ。こう思い巡らす時に、この記事の何処かにもあった日ユ同祖論と言うものが心に浮かんでくる。この国の上に遥かな歴史の霧の彼方から今に至るまでアブラハム、イサク、ヤコブの神の霊が降りている。色々な働きで降りている、その働きに人々は名前を付けている。そのような場所が無数にある。定められた時に定められた仕方で人々はその場所に詣でる。それが神社であり神道であろう。もし諸国民が日本人の行動を賞賛評価するならばその誉れはこの国を覆って今尚その霊が降り注いでいる真の神に帰すべきであろう。

投稿: 高橋晃清 | 2011年5月25日 (水) 17時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無為 | トップページ | 縁 »