« 宗教の風景化 | トップページ | 関心の持続 »

2007年12月14日 (金)

新しき時代

「マリタンは二十世紀において近代世界はすでに近代的たることを止めて、新しき時代に入らんとしていると言い、この新しき時代の文化と人間性の再建のために、人々はまず一切の近代的文化の精神的方向づけそのものを精算し、「源泉を清める」ことをもってはじめて真実の精神と霊の内的革命を遂行をせねばならぬと言う」
(『吉満義彦全集第1巻』401頁、「ジャック・マリタンの文化哲学について」)

|

« 宗教の風景化 | トップページ | 関心の持続 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宗教の風景化 | トップページ | 関心の持続 »