« 道 | トップページ | 命名力 »

2007年12月 6日 (木)

二つの教理

救世軍の教理の中心は二つ。新生と聖化である。救世軍では救いと潔めという。これは救世軍の主要な二つの集会の名前にも反映している。日曜の午前の聖別会、午後の救霊会である。聖別会は聖化、救霊会は新生に対応している。
一般的にはホーリネス系は四重の福音という。新生、聖化、神癒、再臨である。
中でも新生、聖化が中心ではないだろうか。
仏教でも同じような発想がる。
自分の救いの達成に努め同時に他を教える。そこに聖化と新生のモチーフがある。仏教ではこれは一つという。救世軍にもそんな認識があったように思う。

|

« 道 | トップページ | 命名力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 道 | トップページ | 命名力 »