« 第二バチカン | トップページ | 宗教の風景化 »

2007年12月13日 (木)

聖三木図書館

以前、上智大学のキャンパス内にあった聖三木図書館が大学に隣接するイグナチオ教会の敷地内に新しくできた建物の中に移動して、このほど活動を再開しました。キリスト教の学びのための書物が揃っています。四谷駅の近くなので便利です。

|

« 第二バチカン | トップページ | 宗教の風景化 »

コメント

三本の 木の間から 言葉あり
パウロ宣教 時代を超えて

「三本の木」とは「ゴルゴダの丘」のこと。この図書館は、26聖人の一人、聖三木パウロという少年を記念しての施設とのことでした。

投稿: | 2008年1月29日 (火) 11時51分

昨日はソフィア会SNSの第1回オフ会があり参加しました。
聖三木図書館を使わなくなって何年にもなりますが、
どこにか移ったのか知りませんでした。
イグナチオ教会の敷地内にあるのですか。

投稿: Elli | 2008年1月29日 (火) 13時40分

最近、イエズス会の本部の建物が、イグナチオ教会の「敷地内」に出来ました。ちょうど、入り口の右にある女子パウロ会の本屋さんの後ろの建物で、聖三木図書館は、その2階にあります。

以前は大学キャンパスの中でしたが、今度は、距離的にも、ずっと近く利用しやすくなったと思います。新刊も入っていますし、図書館利用費も安価で、キリスト教の勉強をしたい人にとっては、非常な朗報と思います。

聖三木図書館の今後に期待しています。

投稿: | 2008年1月29日 (火) 15時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第二バチカン | トップページ | 宗教の風景化 »