« 共同体 | トップページ | サイバー大学 »

2008年1月27日 (日)

否定神学

仏教は 否定神学 目指すもの
 無とか空とか それで了解

キリスト教の側で否定神学的アプローチをすれば、仏教理解が進むのではないか。存在の類比の考えには、肯定神学、否定神学の両方を含んでいると思うけれど。

|

« 共同体 | トップページ | サイバー大学 »

コメント

西田哲学というのは、仏教的知恵を西洋哲学の言葉で説明しようとしたものかも知れません。西田は西洋キリスト教思想を熟知していたと思います。だから、キリスト者としては、西田哲学から学ぶものがあると思います。特に、西洋と東洋との比較思想に関心を持つ人たちにとっては。

投稿: | 2008年1月27日 (日) 14時17分

西田哲学の言及はないけれど、否定神学における東洋的要素を指摘したものに「偽ディオニシウスの否定神学--キリスト教伝統における東洋的要素--」(大谷啓治)がある。これは『日本の風土とキリスト教--ハインリヒ・デュモリン師の還暦を記念して--』(昭和40年、理想社)に寄せられた論文で、著者は前上智大学学長。

要するに、キリスト教の否定神学的アプローチ、あるいは神秘神学的アプローチが、東洋、あるいは日本では求められているのではないかという問題提起が、そこにある。

投稿: | 2008年1月27日 (日) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 共同体 | トップページ | サイバー大学 »