« 無限包容雑居性 | トップページ | シスターのイメージ »

2008年2月 3日 (日)

アダムの仕事

創世記 アダムの為した ことは何
 ものに名前を つけたことかな

ものに名前をつけることは大切なこと。これは、今の我々の仕事でもあるのではないか。

身の周りのものに名前をつけることから始めればよいのかもしれない。文化命令の最初は、このことなのではないだろうか。

|

« 無限包容雑居性 | トップページ | シスターのイメージ »

コメント

「主なる神は、野のあらゆる獣、空のあらゆる鳥を土で形づくり、人のところへ持って来て、人がそれぞれをどう呼ぶか見ておられた。人が呼ぶと、それはすべて、生き物の名となった。人はあらゆる家畜、空の鳥、野のあらゆる獣に名を付けたが、……」(創世記2章19-20節)

投稿: | 2008年2月 3日 (日) 14時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無限包容雑居性 | トップページ | シスターのイメージ »