« 称名 | トップページ | 民主主義 »

2008年2月 3日 (日)

変化

因と縁 縁は変わるよ 我が外で
 変化恐るな 因の奥聴き

因の奥に平安があれば、変化を恐れる必要はないと思います。

存在は因と縁の作用によるものと、私にも思えます。幸福とは、幸福感のことであり、幸福感とは、ある種の調和の実感なのだと思います。しかし、その調和は壊れるかも知れません。その時、あるいは不幸への不安が脳裏をかすめるかも知れません。しかし、因の奥に真実の平安があれば、変化を恐れる必要はなくなると思います。むしろ、新たなる「調和」に向けて飛躍しようと思うのではないでしょうか。

|

« 称名 | トップページ | 民主主義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 称名 | トップページ | 民主主義 »