« 教皇謝罪 | トップページ | トマスの心 »

2008年2月29日 (金)

ザビエルとその弟子

加賀乙彦著『ザビエルとその弟子』が講談社文庫になっている。初出は『群像』2004年4月号で、単行本になったのは2004年7月15日だから、4年近くも前に本になっていた。

日本の滞在を終わり、中国行きを待っているザビエルの晩年と死の時までを書いている。特に、ザビエルを日本に導いたアンジロウとの対話が面白かった。

「死霊と生霊」の項目で、臨終の間近にアンジロウがザビエルの前に現れて、ザビエルによる日本宣教に対する意見を言うのであるが、この意見には全く同感である。

「わたくしは、不肖の弟子ですが、師匠であるあなた様を裏切ろうなどと思ったことは一度もありません。恨みがましいことを少し申し上げましたが、それは不平不満ではなく、あなた様の日本宣教について、また将来日本でクリスト教伝道が成功するために、日頃思っていたことを申し上げただけです。今のままの宣教の方法では、将来、仏教のボンズどもや神道の神官たちの反感を買い、過害の嵐を招来させることは必定です。土着の宗教とのもっと寛大なおたがいを尊敬し合う対話こそが大切なのです」(184頁)

日本の宗教を重んじて欲しい、というアンジロウの思いは、その後、第二バチカンでの方針で実現したともいえる。アンジロウは「将来、座禅とクリスト教とは、幸福な出会いをすると思います」(172頁)と言うが、この予言はあたったかも知れない。

このアンジロウの弁明が史実なのかどうかは知らないが、説得力に満ちている。そして、そこには、遠藤周作氏らが感じていた教会への違和感も、のぞいているように思う。単なる、短兵急な西洋追随では、日本では行き詰るのではないかということである。そしてザビエルは「お前のわしへの批判も、もっともと思える。これから日本に来る宣教師たちに、わしは天より霊を送って、その宣教の仕方を改めさせよう。ありがとうよ」と言うのである。著者の判断が、そこにあるのだろうか。

日本宣教への反省を示唆しているという意味では、この本は、重要な問題提起でもある。しかし、そのような問題提起は、既に浸透しているのではないだろうか。

|

« 教皇謝罪 | トップページ | トマスの心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 教皇謝罪 | トップページ | トマスの心 »