« 家系図 | トップページ | 西田哲学 »

2008年4月 1日 (火)

団塊世代

林住期 悟り開かん 死出準備
 第2家住期 悟りなきまま

林住期は、第2家住期ではない。悟りを開く期間であると思う。林住期を無駄に過ごすなかれ。

|

« 家系図 | トップページ | 西田哲学 »

コメント

林住期は家住期の延長ではないと思う。それであれば、家住期であって、林住期ではない。林住期は次の遊行期の準備でなければならない。その自覚、思いが大切であろう。遊行期は死出の旅である。姥捨山への旅である。林住期に悟りを開いていないと、遊行期がきつくなる。そんな内容の期間が林住期なのであろうと思う。定年は、林住期の開始の合図であろう。しかし、定年になっても、家住期の継続を願うようでは、大切な、この時期を見失うかも知れない。五木寛之氏の、同名の本があるけれど、まだ読んでいない。

投稿: | 2008年4月 1日 (火) 19時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 家系図 | トップページ | 西田哲学 »