« 再臨 | トップページ | ギリシャ思想 »

2008年5月 6日 (火)

遠藤作品

「沈黙」で 始まり最後 「深い河」
 信仰を問う 課題残して

寮生が 舎監と交わす 対話あり
 断絶意識 されど連続

遠藤周作氏の作品は、まだ我々に信仰のあり方を問うていると思う。遠藤氏が寮生であった時の舎監が、吉満義彦であった。その時の対話が遠藤氏の、その後の生き方を決定したのだろうか。その二人の断絶と連続を思う。

|

« 再臨 | トップページ | ギリシャ思想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再臨 | トップページ | ギリシャ思想 »