« 謝罪 | トップページ | 正統と異端 »

2008年5月27日 (火)

絶対矛盾的自己同一

自力でも 他力でもなし 半ペラか
 矛盾同一 これが正解

救済の論理は、自力か他力か、それとも両者の協力による半ペラギウス主義によるものか。自力は退けられたが、他力か半ペラギウス主義かは、論争の種が残っているかも知れない。このへんは丁寧に説明していかなければならないのである。他力を否定する半ペラギウス主義も、半ペラギウス主義的真理契機を否定する他力も違うような気がする。

あるいは、半ペラギウス主義は、自力と他力との絶対矛盾的自己同一なのだろうか。であれば、それは自力と他力との論争の次元を超えている。しかし、同次元に引きずり下ろして、批判されているのかも知れない。

エキュメニズムというのは、このへんの論理を解明しなければならないのである。

|

« 謝罪 | トップページ | 正統と異端 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 謝罪 | トップページ | 正統と異端 »