« 哲学徒 | トップページ | 吉満氏のこと »

2008年6月 1日 (日)

西田の期待

無教会 内在的な 超越の
 行き方期待 西田の遺言

西田幾多郎の、最後の思い(「場所的論理と宗教的世界観」)の中には、無教会へのエールがあったのではないだろうか。もちろん、これは推測であり、証拠があるわけではない。
カトリックは教皇中心的であるので、内在的超越ではなく、超越的内在が基本なのだろう。しかし、よし知られたトマスの言葉など、内在的超越を重視しているようにも思えるけれど。
第二バチカンの信徒使徒職の指摘のなかで、内在的超越の道が試みられる可能性が残っているかも知れない。信徒の召命というのは、司祭など聖職者の召命とは違ったものではないだろうか。後者は内在的超越の道、前者は超越的内在の道を意味するのかも知れない。

|

« 哲学徒 | トップページ | 吉満氏のこと »

コメント

トマス・アクィナスの有名な言葉「超自然は自然を破壊せず、完成する」は、「自然を破壊せず」に注目すれば、内在的超越を認めているように思える。

投稿: | 2008年6月 1日 (日) 14時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 哲学徒 | トップページ | 吉満氏のこと »