« 大志と野心 | トップページ | カルヴィニズム »

2008年7月 9日 (水)

小説『沈黙』の意味

転ぶ人 絶対他力 気づかせる
 されど告白 必要なきか

告白を 自力と見れば 異議認む
 されど即信 自力にあらず

「他力」様 母なるものを 表現す
 そこに甘えが ないのだろうか

告白を 重んじ生きる 人なれば
 殉教もまた 選択のうち

|

« 大志と野心 | トップページ | カルヴィニズム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大志と野心 | トップページ | カルヴィニズム »