« 生の目標 | トップページ | 聖霊の時代 »

2008年10月 8日 (水)

ノーベル賞を受賞

小林誠・高エネルギー加速器研究機構名誉教授がノーベル賞を受賞することになりました。長女の談話の中に、「普段は自宅でごろごろしていて、テレビゲームや数独をやっている普通のお父さん」という談話が新聞(毎日081008)に載っていました。

ノーベル賞と数独との関係は、たまたまノーベル賞の頭を持っている人が数独をしていたというだけで、逆も真とはいえないでしょう。あたりまえのことだ。

それにしても、テレビゲームは、小生はまだ挑戦していませんが、今でもやろうという気は起きません。

数独の方は、大体、コツが分かりました。

|

« 生の目標 | トップページ | 聖霊の時代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生の目標 | トップページ | 聖霊の時代 »