« 総告解 | トップページ | ねじれ国会 »

2009年2月13日 (金)

解けない時

数独の難問に挑戦している時、行き詰ることがあります。それは、これ以上、通常の仕方では消去できないという意味です。そんな時、どうしたらいいのでしょうか。

何か、そのままでは、気分が悪いのです。そこで、血眼になって、何度も通常の検証作業を継続するのですが、結果は変わりません。そんな時、どのようにして終わればいいのでしょうか。

最小のマスに入る数字について、最後は確定数字、その前の二つの数字を予約数字、それ以上の場合を予想数字と、私は言っていますが、その場合、予約数字だけにすることは可能かと思います。それでひとまず、終わりです。

そのあとは、解答を見て、そこから一つの予約数字を確定数字に変えて、全部、作業を終えます。その作業は簡単に出来ます。そして、もう一度、解答と見比べて、全部、合っていれば、それでいいし、そうでなければ、合っている数字だけを残して、再度、挑戦していくのです。

こうすると、難問に出合って、解けないという「心のしこり」がなくなります。

難問に出合った場合、解けない時、どうするか、それをあらかじめ、考えておいた方がいいかも知れません。

解けない問題を、そのままにしておくと、解けた場合の達成感、爽快感とは逆の、マイナス感情が残るかも知れないからです。

|

« 総告解 | トップページ | ねじれ国会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 総告解 | トップページ | ねじれ国会 »