« カトリックと無教会 | トップページ | 老病 »

2009年3月 9日 (月)

老いの日々

還暦後 日はすぐ過ぎて しまうけど
 天がける日の 期待ふくらむ

世に残す もの考えよ 初老人
 自分探しは 愛をヒントに

ゆっくりと 老いゆけよ我 急ぐなよ
 遺産を何に するか考え

老い進み 若さ失せども なお望む
 老いに美学を 結びつけんと

老いゆけば 障害多し 不自由で
 老いの終わりを 願うも道理

高齢者 死を前にして 生きる人
 絶壁に立ち 奈落を見ずに

なぜ見ない 見れば平衡 感覚が
 なくなり遂に 落ち込むだろう

その通り なのだが救い その中に
 絶対他力 はからい捨てて

老病の 家住みにくく 超越に
 心向けるは よきしるしなり

老いもまた 自然の国の 自然なり
 自然の価値に うなだるるのみ

老いるとは ゆっくりと死ぬ ことなのだ
 死ぬ喜びを 日々知るために

|

« カトリックと無教会 | トップページ | 老病 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カトリックと無教会 | トップページ | 老病 »