« 最大の関心事 | トップページ | 高台院 »

2009年3月 2日 (月)

時は探偵

時は探偵である、名探偵である。神は時という探偵を持っておられる。時には、この探偵に依頼することを考えてもよいのではないだろうか。

時の経過の中で、隠されているものが次第に明らかになるからである。自分の境遇や不幸など、不可解なことの解釈を即断せずに、静かに時の探偵に委ねてみるのも、一つの選択肢ではないだろうか。もちろん、問いは心に残しておくのである。

神の言葉は、こう言っているのだから。「隠れているもので、あらわにならないものはなく、秘められたもので、人に知られず、公にならないものはない」(ルカ8・17)

|

« 最大の関心事 | トップページ | 高台院 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最大の関心事 | トップページ | 高台院 »