« 老いの日々 | トップページ | 病喜 »

2009年3月 9日 (月)

老病

老病の 時を迎えて コペル君
 いかに生きるか ご教示のほど

吉野源三郎著『君たちはどう生きるか』の主人公はコペル君といった。私は小学生の時に読んだが、今も、名著と思っている。ところで、「いかに生きるか」という問いは、人生にとって大切な問いである。今の、私の回答は、自己実現である。それを数独の中で教えられた。
宇宙の完成は、それぞれの自己実現を前提にしているのである。そして、私の自己実現は、他者の自己実現を誘発し、達成する。その可能性がある。その自己は、それぞれが違うのであり、私の「自己」を他者の目標には出来ない。
その自己実現の方法が、数独を解く中で、いろいろと教えられてくる。このパズルは宗教的、仏教的な思想を湛えているように、私には思われる。

|

« 老いの日々 | トップページ | 病喜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 老いの日々 | トップページ | 病喜 »