« 加藤周一さん | トップページ | 5S運動 »

2009年4月 7日 (火)

変革の時

核の傘 同盟の意味 傘失せて
 問われる形 日本の未来

核無くせ 大統領の 提案は
 米のみならず 日本にもまた

米国のオバマ大統領の核軍縮の提案は歓迎されている。また、米国の核使用に対する「道義的責任」への言及もまた、日本では大いに評価されている。「終戦のため」という理由で、是認・肯定されてきた核使用だったが、それと同時に、「道義的責任」への痛みもまた、米国の中にはあるということなのだろうか。

|

« 加藤周一さん | トップページ | 5S運動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 加藤周一さん | トップページ | 5S運動 »