« もったいない | トップページ | 遺言 »

2009年5月31日 (日)

言葉

外国語 いや異言かな 解釈は
 いくつかあれど 意味は納得

意味一つ 解釈合えば それでよい
 合わない時も 意味を優先

今日は聖霊降臨の日、教会の誕生日。「教会の誕生日」という言葉は説教の中でも語られました。

では、この日に何があったのか。それは使徒言行録2章1節~11節に書かれています。そこに、「ほかの国々の言葉で話しだした」(4節)とあります。その意味は、他国の言語、あるいは聖霊の賜物としての「異言」を指すという解釈もあるようです。他国の言語が素直な意味かも知れません。しかし自分の知らない外国語を突然、話し出すということは、普通は考えられないことではないでしょうか。しかし、この「考えられない」という点に着目すれば、逆に理解できるのではないかと思います。それが意味と思いました。

また、別に異言という解釈もあるようです。異言については、ペンテコステ系諸教会では、今でも実際にあるという主張がされています。しかし、他の教会では、異言を語れるようにという勧めはされていないのではないでしょうか。異言を語れるようにという指導がなくても、キリスト者の言葉は、外の人たちには、「何を言っているのか、分からない」という一面があるのではないかと思います。肉と霊との対立、そして、理解の条件としての、両者の一致を考えた時、聖霊に感じて語る言葉は、聖霊を受けている人たちには「理解」できても、そうでない人たちには、理解不能と思われるのではないでしょうか。それが「異言」の意味だとしたら、それは納得のいくことと思います。もちろん、現実の異言は、教会の外に対してのものではなくて、教会の中のものでもあり、だから、異言には解釈が必要となります。パウロは、この解釈の必要性を指摘しているのですから、教会の中で語られるというものであったと思います。

|

« もったいない | トップページ | 遺言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もったいない | トップページ | 遺言 »