« 歴史の終わり | トップページ | 生前弔辞 »

2009年6月19日 (金)

同じ人

ザベリオは ザビエルのこと 別人と
 思いしけれど 同じ人

霊名に ザベリオと書く その人は
 再度挑戦 それが真意か

岩下壮一神父を思いつつ 

|

« 歴史の終わり | トップページ | 生前弔辞 »

コメント

「名の表記は日本ではフランシスコ・ザビエルが定着したが、かつてはフランシスコ・ザベリオ(またはザビエヨ)、フランシスコ・デ・ザビエルなどとも記された」(『新カトリック大事典』研究社)。再度挑戦とは、もちろん、日本宣教のことです。岩下壮一は、吉満義彦と同様、現代では、そして教会の中でも、もう忘れられた人たちに入っているかも知れませんが、私は、そして我々は、忘れてはいません。なぜなら、信仰の遺産という系譜を考えた時、はずすわけにはいかないからです。

投稿: | 2009年6月21日 (日) 14時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歴史の終わり | トップページ | 生前弔辞 »