« 歴史観 | トップページ | 終身雇用 »

2009年6月22日 (月)

光求めて

ボロまとい よろめきながら とぼとぼと
 裏街道は 光近道

|

« 歴史観 | トップページ | 終身雇用 »

コメント

「ボロまとい」は貧を表す。「よろめきながら」は、「価値観の動揺」を示す。「とぼとぼ」は、自虐的意識を指す。「裏街道」は、この世の脚光とは無縁であること。また、「光近道」とは、命に通じる道を示す。「狭い門から入りなさい。滅びに通じる門は広く、その道も広々として、そこから入る者が多い。しかし、命に通じる門はなんと狭く、その道も細いことか。それを見いだす者は少ない」(マタイ7章13-14節)

投稿: | 2009年6月22日 (月) 12時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歴史観 | トップページ | 終身雇用 »