« 内村鑑三の住居あと | トップページ | 信・望・愛 »

2009年8月24日 (月)

角筈の地

Rimg0286 1883年、加藤トシ子によって創立された女子独立学校(今は、東海大学付属望洋高等学校になっています)の開設地、角筈の地は、今の西新宿1-6、エルタワービル(写真、中央手前のビル)の地であったとのこと。ということは、内村の住居も、その近くにあったことになり、夏期講談会も、今の位置で言えば、新宿駅の駅前で行われたのでしょう。(「東海大学付属望洋高等学校」のウィキペディアによると、「1883年にキリスト教徒の教育者である加藤トシ子によって女子独立学校として東京都新宿区角筈に開校した」とありますが、開校の1883年には、他の資料では別の年が記されていて、疑問が残ります。)

私はよく、新宿駅西口のビッグカメラには行きますが、その昔、このあたりに内村が住んでいたのかも知れません。今まで、そんなことは考えたことはありませんでしたが、このあたりが、角筈時代の内村の活動の拠点であったのでしょう。

驚くのは、この学校の卒業生です。ウィキペディアによると、「1898年に精華学園となり、翌年には内村鑑三が校長に就任。その後、勝田孫弥が同校を引き受け1910年に精華高等女学校と改称した。戦後の学制改革で精華学園女子高等学校となる。この頃の精華学園は歌手や女優が多く通っていたが、」とあります。

しかし、この記述には疑問が残ります。内村鑑三の歴史の中に、精華学園という名前は出てこないと思います。

その精華学園時代の卒業生には、美空ひばり、星由里子、小川知子らがいます。また、吉永小百合、落合恵子、中尾ミエなどは中退しているようです。こういう人たちの名前が内村と結びつくのは、考えてみたこともありませんでした。

|

« 内村鑑三の住居あと | トップページ | 信・望・愛 »

コメント

勝田孫弥の検索では、精華女学校の前身の女子独立学校の設立は1889年(明治22年)となっていて、ここにも食い違いがある。その学校の設立者は、加藤とし子で、二代目の校長が内村鑑三。しかし、その校長の時期は1年ほどで、その後、勝田孫弥があとを引き受けて、精華女学校を設立したという。ということは、精華という名前は、勝田の代から始まったのではないだろうか。

勝田の妻が女子独立学校の卒業生だったのが縁だったという。

投稿: | 2009年8月24日 (月) 15時35分

ウィキペディアによると、新宿駅の開業は、1885年(明治18年)とのこと。そして、女子独立学校の出来たのが、1883年で、駅が出来る2年前になります。角筈での活動は、交通の便はよかったのでしょう。

投稿: | 2009年8月25日 (火) 16時33分

東海大学付属望洋高等学校の学校紹介では、こう書かれています。

1889(明治22)年11月 「女子独立学校」として開校(東京都新宿区角筈)
1902(明治35)年5月 「精華女学校」と改称
1973(昭和41)年3月 「精華高等女学校」と改称
1973(昭和48)年4月 千葉県市原市能満153に移転
1974(昭和49)年4月 東海大学と提携、第4代理事長に松前重義総長就任
1975(昭和50)年4月 「東海精華女子中学校・高等学校」と改称
1977(昭和52)年12月 「東海大学精華女子高等学校」と改称
1986(昭和61)年4月 「東海大学付属望洋高等学校」と改称

投稿: | 2009年8月30日 (日) 14時48分

女子独立学校の創立の年については、『身近に接した内村鑑三 上』(石原兵永著、山本書店)では、明治23年になっています(24頁)。

「…女子独立学校は、明治23年前校長加藤敏子(新潟北越学館々主代議士加藤勝弥の母堂)が創立したものであり、『自給独立の精神を具へたる平民的女子の養成を目的』として、手芸教育を主としその余暇に知育を授けた。明治32年内村が校長となり(校主は加藤勝弥)、…」とあります(24頁)。

住所は東京府豊多摩郡角筈百一番地になっています。

したがって、最初にウィキペディアの記事で紹介した1883年(明治16年)の創立というのは、何かの間違いかも知れません。

投稿: | 2009年9月 1日 (火) 16時50分

次のような記述がありました。

「その一角に、明治十六年四月、女子独立学校ができた。新潟の地主だった夫の遺産をもって上京した加藤敏子女史は、二、三の婦人の協力を得て、林を切り開き、ベニガラ塗り別荘風の、しゃれた二階建ての建物を建てた。これが女子独立学校である。この学校は、明治三十一年四月に精華女学校(精華学園)となって、その校舎は四十四年十月まで西口にあった(現、朝日生命ビル駐車場)。」
(『新宿の今昔』芳賀善次郎著、紀伊国屋書店、123頁)
参照・『学校沿革史』(精華学園)

明治16年というのは、1883年で、この欄の最初に紹介した年です。

投稿: | 2009年9月28日 (月) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 内村鑑三の住居あと | トップページ | 信・望・愛 »