« 十字架の信仰 | トップページ | 再臨運動の総括 »

2010年1月 3日 (日)

待つ

主を待つ者は新たなる力を得る、というイザヤ書の有名な言葉がある。それは再臨を待つことにも適用できるように思う。その待つは、ただ呆然と待つ意味ではないと思う。待つことが、待つ人たちの行動を誘発する、そんな待つのように思う。

|

« 十字架の信仰 | トップページ | 再臨運動の総括 »

コメント

「しかし主を待ち望む者は新たなる力を得、わしのように翼をはって、のぼることができる。走っても疲れることなく、歩いても弱ることはない」(イザヤ40・31)

待つという行為は、何もしないということではない。激しく行為しながら、それが待つことと矛盾しないこともありうると思う。新たなる力を得た者は何かしないではいられないであろう。

投稿: | 2010年1月 4日 (月) 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 十字架の信仰 | トップページ | 再臨運動の総括 »