« 再臨の時日 | トップページ | 女性の二面性 »

2010年1月29日 (金)

大きな物語

大きな物語を考えよう。その中に、個々の現実を組み入れよう。新しき中世も、そんな大きな物語の一つではないだろうか。

中世とは何か。歴史的中世は、ユダヤ、ローマ、ギリシャの総合であった。新しき中世は、その総合の中に、インドを入れなければならない。そう考えれば、カトリックの神父さんたちで、仏教研究家は多いが、知らず知らずに、この物語を作っているのかも知れない。

|

« 再臨の時日 | トップページ | 女性の二面性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再臨の時日 | トップページ | 女性の二面性 »