« 中世 | トップページ | 仰瞻 »

2010年2月22日 (月)

贖いと償い

贖いは、自分の力の及ばないこと、償いは、自分に出来ること、あるいは自分のしなければならないこと。贖いは義認に、償いは聖化に対応していると思う。
新生後の罪は、贖われるのではなくて、償われなければならない。そして、それは、新たなる希望の洞察によって可能となる。

|

« 中世 | トップページ | 仰瞻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中世 | トップページ | 仰瞻 »