« 21世紀 | トップページ | 聖人 »

2010年3月 5日 (金)

安息日再臨派

本を読んでいると、安息日再臨派という言葉に出合った。セブンスデー・アドベンチスト教会のことである。この教派には、これまで、あまり関心がなかった。

なぜ、安息日(土曜日)を重視するのか。キリスト教では、その議論は、もう決着がついたのではないだろうか。そして、再臨の日を決めてしまったという発端から、その後の展開にも、何か釈然としないののがあるように感じていた。

しかし、内村鑑三の再臨信仰に触発されて、過去の教会史における再臨問題にも関心を持つようになった。そこから、この教派にも、ある程度の関心が出てきた。

もし、この教派に理解を示すのであれば、安息日重視は、旧約重視の意味で受け止めればよいかもしれない。キリスト教は、旧約を聖書として重んじているのである。そして、再臨の強調は、その信仰の起源が、どのようなものであったとしても、正統信仰の中で否定されてはいなだろう。

旧約重視、再臨重視の二つの観点は、大切なことであろう。そういうメッセージを全教会に提示していると見れば、この教派への関心も増すかもしれない。しかし、余りにも、大雑把な捉え方かも知れない。

|

« 21世紀 | トップページ | 聖人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 21世紀 | トップページ | 聖人 »