« 自殺について | トップページ | iPadの発売 »

2010年5月31日 (月)

5月末決着

5月末決着というのは、民主党と社民党との蜜月の終わりを意味するのだった。最初は大事な部分(基地問題、安保へのスタンス)では共有していた。しかし、鳩山首相は変わった。福島党首は変わらなかった。変わったという過程が大切である。

この決着で、民の声は首相への批判が強まったかも知れないが、天の声は支持したのかも知れない。渡部黄門さんは、民の声を聞いたかも知れないが、それが即天の声であるかどうかは疑問がある。

要するに、日米同盟をどうするのか、という問題で、現状維持であれば、鳩山首相は当初の立場を変えざるを得なかったということである。

|

« 自殺について | トップページ | iPadの発売 »

コメント

鳩山首相の突然の辞任には驚きました。しかし、渡部さんの言うように、最良の選択だったのかも知れません。残された課題は大きい。

投稿: | 2010年6月 2日 (水) 16時41分

5月末の決着、半月たって、振り返れば、大出来だった。総辞職は、誰も想像しなかったのではないか。

投稿: | 2010年6月11日 (金) 14時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自殺について | トップページ | iPadの発売 »