« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月27日 (火)

無教会主義の継承

内村鑑三の後継者たちの事業を思う時、聖書の研究者を挙げることができると思う。塚本虎二の本で、何とか異動一覧という大きな本があった。故高橋三郎氏が紹介されていて、一冊買った。内村の機関誌の名前が「聖書の研究」であり、弟子の中には、知識人が多かったので、聖書の研究者が多く輩出したのは当然なのかも知れない。しかし、この関心が無教会主義の本質かと言われれば、いや、違うかも知れないと思う。故高橋三郎氏は、無教会の中では、信仰の本質について熟考されていた方という印象が残っている。無教会主義のあり方についても、多く発言されていた。今、そのような人はなかなか見当たらなくなったかも知れない。

私は、無教会主義の本質というのは、預言者の伝統の中に生きることなのだと思う。預言者といえば、旧約の預言者に限定されると思うかも知れないが、聖霊の賜物の中には「預言」がある。だから、新約の、キリスト教の歴史の中でも、「預言」の実践は可能なのではないだろうか。

預言は予言ではない。重なる面もあるが、違う面もある。将来の事柄に関する発言では同じであっても、その発言が現在の倫理的生き方を誘発するかどうかという点で、違いが起きる。予言の中には、それがない。ただ、世間を騒がすのが目的のように思われる。一方、預言には、現在の生き方を改革し、改善し、発展させる力がある。だから、預言と予言は注意深く区別しなければならない。

キリスト教の歴史を見れば、預言を予言の中で解釈しようとした試みを知ることができる。再臨の日を特定した教派があった。しかし、再臨はなかった。預言と予言の混同のようにも思える。

無教会主義の本質ということで、私が思うことは、新約の預言者の輩出が、その使命なのではないかということである。内村鑑三が近代日本キリスト教史で最大の人物であったと思うのは、その預言活動のためではなかったであろうか。預言は神の言葉であれば、それは廃れないのである。

では、新約の預言者は、どのようにして生まれるのだろうか。それは再臨信仰の実践を意味している。内村の始めた再臨運動は短期間で終わってしまったけれど、『聖書の研究』終刊号を見れば、心残りがあったのが分かる。再臨信仰の日常的実践の中に、新約の預言者は輩出し、内村の思いは継承されていくのであろうと思う。

| | コメント (0)

2010年7月25日 (日)

人生の目的

人生の目的は、ある人にとっては自己実現かも知れない。そうだとして、どうしたら自己実現できるのだろうか。

自己実現というのは、自己理解が前提されるのだはないだろうか。では、どうしたら自己理解が得られるのだろうか。それはやはり、神の前に立つという中からしか得られないのではないだろうか。

しかし、神といっても、偶像の場合もあるかも知れない。偶像とは、自分で作った神のことである。本当の神とは、今のわれわれにとっては聖霊であろう。聖霊を知らずして、活ける神をどうして知ることができるのだろうか。

聖霊を通して、神を知り、自己を知り始める。そのゴールに完全な自己理解と、それに伴う自己実現があるのではないだろうか。そして、そのゴールにキリストの再臨がある。それは空中再臨ではなくて、地上再臨であろう。なぜなら空中再臨とは、なお途中の事柄だからである。時の彼方において、必ず起こる究極の事柄、それに目を固定して、それと現在との対話に生きること、そして、現在を解釈していくこと。これが自己実現の道なのだと思う。そして、また人生の目的なのだと思う。

| | コメント (0)

2010年7月23日 (金)

ウェスレーの妻

ウェスレーの妻が、どういう人であったかは、よくは知らない。少しは伝わっている。余り幸せな結婚生活ではなかったようだ。その信仰を継承した人の中では、救世軍のブース大将の場合は、逆に幸福な結婚であったと思う。

不幸よりも幸福の方がよい。しかし、不幸も、この世への絶望を教えてくれる点では、幸福以上の教師であろうと思う。

| | コメント (0)

タブーへの挑戦

人は隠そうとする。しかし、神は明るみに出そうとする。この点では、精神科医は神の立場に立っているのかも知れない。それはタブーへの挑戦なのかも知れない。最大のタブーが死であろう。だから、死を日常的に語ること、そんな習慣を作っていきたい。

| | コメント (0)

不幸の意味

不幸とは、生の目標、目的に対する挑戦である。そこに不幸の本質があると分かれば、生の目標、目的を再構築することで、不幸は、そのトゲを捨てるであろう。

| | コメント (0)

2010年7月19日 (月)

教派主義の弊害

今の日本で、キリスト教信仰を持つということは、無教会も含めて、どこかの教会に所属することを意味する。教会にはカトリック教会もあるが、やはりプロテスタント教会の方が活発に活動してして、接触の機会が多いのではないだろうか。しかし、どこかのプロテスタント教会に所属すると、どうしても、教派主義のにおいを経験せざるを得ない。これは、どの教会にもあるように思う。

自分の所属する教会しかないのであれば、他の教会と比較できないのだから、教派主義はないけれど、他の教会と比較して、どちらがいいのかという疑問を持つようになれば、そこで、教会間の批判が生まれざるを得ない。互いに切磋琢磨していけばいいのだという寛容な理解もあるかも知れないが、そうとばかりも言えないであろう。

プロテスタント教会の中から教会一致運動が始まったのも、そんな弊害を一番痛感できたからではないだろうか。内村鑑三も札幌時代に、既にそれを感じていた。この教派主義の弊害の克服は、現代の教会にとって、もう課題ではなくなったのだろうか。いや、ただ公には沈黙しているだけで、陰では盛んに他教派の批判を続けているのかも知れない。

カトリックの第二バチカン公会議では、この教会一致運動への参加を表明した。その中で、教会観の中で、「道具」という何か場違いのような言葉が現れた。教会は「キリストのからだ」という本質論がなくなったわけではない。他の一面への洞察の中で、「道具」という言葉が使われている。

しかし、プロテスタント教会の場合は、どうだろうか。この教会は道具であり、他の教会でもいいという余裕のある意識よりも、教会の本質論の主張から、この教派の絶対化への、教派主義の弊害を生み出す誘惑が強いというべきではないだろうか。

私はプロテスタントからカトリックにかわった人間であるが、その時、神父は、「プロテスタント教会のよい所は否定する必要はありませんよ」と念を押してくれた。もちろん、そのよい所が絶対化して、他を批判し、全体の調和を崩すようになったら、少し眉をひそめたであろう。

教派主義の弊害の克服に関しては、内村鑑三に的確な洞察がある。その洞察を、どのように生かすのか、それへの示唆も、内村鑑三の文章の中に残されている。思えば、彼は、「日本の預言者」であると同時に、近世・近代キリスト教史全体を鳥瞰し、新しい時代を指し示している「キリスト教史の預言者」でもあったのではないだろうか。その端緒が、再臨運動であった。これが、日常的に実践される時、その時、近世キリスト教は終焉するのではないだろうか。それは何を意味するのか、それはこれからの課題である。

| | コメント (0)

2010年7月12日 (月)

再臨運動の提唱

内村鑑三らの再臨運動は短期間で終わった。第一次世界大戦が終わり、世界全体が平静を取り戻した中で、再臨待望の熱い思いも下火になっていったようだ。

再臨待望同志会という団体がある。今も集会を持っているようだ。その成り立ちについては、よくは知らない。

しかし、今、再度、再臨運動の継承の必要性を感じている。個人が再臨信仰に生きること、その方法の探求、そして、その伝播、そんな課題を感じている。

これは教会を超えた活動である。しかし、結果的に、教会に命を吹き込むことになろう。静かに、個人的なレベルから、教会史全体を視野に入れた運動が船出していく。

| | コメント (0)

2010年7月 8日 (木)

宣教の方法

今年は、電子書籍の元年という。誰でも容易に出版できるようになる。福音宣教も、新しい時代を迎えたのかも知れない。

私が若かったころは、米国の大衆伝道が盛んだった。信仰の実践とは、そんな活動に参加することのように思っていた。しかし、そのような伝道の狙いは、救いの一点に集中していた。それは大切であり、信仰の入り口である。入り口から入って、成長があり、その成長の極点にまで至らなければならないのだ。しかし、大衆伝道には、そこまでの有効性はないだろう。

逆に、地味な宣教活動、信徒の成長を心がけている牧師らには、別の思いがあったかも知れない。

今、大衆伝道は、集会を持つという条件を必要としないのではないだろうか。集会を持たずに、個人が誰でも、大衆に語れる時代が来たのではないだろうか。このような社会環境の変化を無視して、福音宣教は前進していかないのではないだろうか。

しかし、信仰の決心には、そのあとにも仲間が必要とされる。教会である。その教会を、どう考え、形成していったらいいのか、それも課題かも知れない。

| | コメント (0)

MRA運動

道徳再武装運動というものがあった。MRA運動とも言うが、MRAとは、Moral Rearmament Movement の略である。米国の牧師、フランク・ブックマン(1878-1961)が1920年に興した。

以前、興味があり、本を読んだことがある。最近は、余り、活動を聞かない。

そこには、問題解決の方法の提示、そして実践があった。課題の確定、そして方法論の選択は大切であり、必要である。

私は、今、そのような運動の中核に再臨信仰をすえるべきではないかと思っている。

| | コメント (0)

高齢者の使命

高齢化社会の課題は何か。死という人生の終わりを見つめることかも知れない。そこに、高齢者たちの使命があるのかも知れない。

| | コメント (1)

2010年7月 6日 (火)

再臨信仰

再臨信仰とは、再臨を待望することである。それが基本であろう。しかし、それだけであろうか。その中で、「だから、今を、このように生きよう」という勧めがある。その勧めがなければ、再臨信仰の奨励は成り立たないように思われるからである。

この勧めは、自分の生き方の反省、改善を求めている。それはそれで、意味のあることであろう。しかし、再臨には審判も含まれている。最終的な審判であり、それがなければ新しい天地はやってこない。審判を恐れる人は、再臨の待望ではなく、遅延を求めているかも知れない。しかし、やがては審判は来るのだ。であれば、早く来てもいい。いや、早く来てほしい。その中にも再臨の期待はある。

再臨信仰に生きるということは、現在に生きることである。将来の出来事を想像の中で先取りして、現在に適用することである。もちろん、その時の想像は、あやふやなこと、不確かなことを意味してはいない。なぜなら、聖霊の現在的体験の中で、その徹底、完成を再臨の中に求めているからである。

再臨信仰は、ヨハネ黙示録の解釈の中で確定するのではなくて、現在の聖化論の完成の中でも、大切な事柄として意識されるのではないだろうか。

| | コメント (0)

2010年7月 5日 (月)

世界企業の問い

日本発のグローバル(世界)企業が出現した。楽天とユニクロ、社内では英語を使うという。

さて、グローバルとは何か、を思う。サッカーW杯も、そのきっかけの一つになった。

日本と世界。その関係が新たに問われている。日本は何を発信するのか。そこには、歴史をどう見るかの課題もある。その歴史とは、恐らく、敗戦であり、戦後であろう。その中で、日本発の世界発信のメッセージはあるのだろうか。

| | コメント (0)

2010年7月 4日 (日)

酒井勝軍研究

酒井勝軍(かつとき)の研究が、『歴史読本』に連載されている。筆者は、久米晶文氏。第24回(6月号)に、その信仰の説明がある。

こんな個所がある。

「ユートピア(新世界)を支配する「再臨のイエスの託身としての日本天皇」という表現はいささかわかりにくいかもしれないが、これはエホバ(ヤハウェ)の人間的なあらわれがイエスであり、さらに終末の日に地上に再臨して人々を救いあげるイエスの現実的あらわれが日本天皇であるという主張である。
 論理的には、日本天皇=イエス=エホバ(ヤハウェ)ということになり、日本天皇への信仰はエホバ(ヤハウェ)という唯一神への信仰となんら矛盾しないのである」

こう説明したあと、こう続いている。

「こういう酒井の信仰や思想は、ひろい意味での千年王国運動、もしくは再臨運動といっていいのだが、残念なことにこれを日本の近代キリスト教思想史のなかで捉えようとした研究は皆無である。千年王国運動の変種とも、再臨運動の変種ともみなされることなく、キリスト教を大きく逸脱したまったく別個のものとしてしか認定されないのである」

最初、これは明治憲法体制に信仰から合致する理論かと思った。そうであれば、昭和20年の敗戦によって、このような理論が排除されてしまうのは当然と思われた。

しかし、原爆の投下、敗戦、天皇の言葉、憲法の制定と、それらの過程を見た時、別の解釈もありうるかも知れないと思った。日本の戦前(明治憲法体制下)と戦後(平和憲法下)を比べてみた時、当然のことではあるが、この半世紀以上の間、日本は戦争をしていないのである。そして、将来も、その可能性は低い。その違いは大きいのではないだろうか。

もし、酒井の信仰、思想に解釈をほどこせば、戦前の天皇に再臨のキリストを重ねることは無理であろうが、戦後の天皇、あるいは、その原点である敗戦の時の天皇の言葉の中に、「再臨のキリスト」的なものを見ることは、あるいは可能かも知れない。日本は、その時から、ある意味では平和を享受してきている。そこに千年王国との類比を見ることも可能かも知れない。

もちろん、酒井は、そんなことを言っているのではないであろう。右翼的な思想との親近性があるのかも知れない。しかし、天皇と言った時、戦前の天皇と、戦後の天皇とを、同一に論じていいのだろうか。現代日本の原点となった、敗戦時の天皇の言葉は、キリスト者の信仰の中でも受容できるものをもっているのではないだろうか。

| | コメント (1)

松岡洋右

杉並区立郷土博物館で、日本の昭和史をビデオで回顧することができます。

その日本の歴史に登場する一人に、松岡洋右がいます。国際連盟脱退の時の演説者で、黒髪豊かに映っています。演説を終えて退場する時、仲間に手で合図する姿もありました。

彼はのち、ヒトラーと握手し、昭和15年の日独伊三国同盟に関与しました。

その彼は若い日にキリスト教の洗礼を受け、死に際し、カトリックとなりました。その行為は日本を破滅の淵に導いたのですが、そこに、どんな信仰的根拠はあったのでしょうか。

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »