« 他人の空似 | トップページ | 酒井勝軍研究 »

2010年7月 4日 (日)

松岡洋右

杉並区立郷土博物館で、日本の昭和史をビデオで回顧することができます。

その日本の歴史に登場する一人に、松岡洋右がいます。国際連盟脱退の時の演説者で、黒髪豊かに映っています。演説を終えて退場する時、仲間に手で合図する姿もありました。

彼はのち、ヒトラーと握手し、昭和15年の日独伊三国同盟に関与しました。

その彼は若い日にキリスト教の洗礼を受け、死に際し、カトリックとなりました。その行為は日本を破滅の淵に導いたのですが、そこに、どんな信仰的根拠はあったのでしょうか。

|

« 他人の空似 | トップページ | 酒井勝軍研究 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 他人の空似 | トップページ | 酒井勝軍研究 »