« ビデオの公開 | トップページ | 国際司法裁判所への提訴 »

2010年9月28日 (火)

戦略的互恵関係

最近、日中関係で、戦略的互恵関係という言葉がよく使われている。互いに合意しているので、尊重するのはいい。しかし、よく考えれば、なかなか難しく、解答がどこにあるのか、分からない。

以前は、「小異を捨てて大同につく」という言葉が使われた。尖閣諸島領有権問題は、最近のニュースによれば、小異の問題ではなくて、「大異」という印象を強く与えている。であれば、そこから「大同」を導くことができないであろう。

こんな課題を日本国民の全部が、最近、共有し始めたのではないだろうか。

それにしても、今回の騒動は、日本に内側ばかりではなくて、外側にも目を向けよという警鐘なのかも知れない。そして、中国に対して、どうつきあうべきか、よく考えろというメッセージが込められているのかも知れない。

|

« ビデオの公開 | トップページ | 国際司法裁判所への提訴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビデオの公開 | トップページ | 国際司法裁判所への提訴 »