« 戦略的互恵関係 | トップページ | 北方領土 »

2010年9月30日 (木)

国際司法裁判所への提訴

領土問題は国家間の主権の対立を生み出している。高じると戦争になる可能性を秘めている。なぜ、国連が放置しているのか、国際司法裁判所が取り上げないのか、分からない。しかし、日本は以前、提訴を試みたことがあるらしい。石原慎太郎氏は、この提訴について、週刊誌で、こう語っている。

「さらに日本政府は尖閣の領有問題を、オランダのハーグにある国際司法裁判所に訴え、明らかにしようとしてきた。ところが、原告の日本がいくら訴えても、被告の中国が出て来ないので裁判が成立しない。国際ルールによる決着を避け続けているのは中国なのです」(『週刊文春』2010.10.7、34頁)

しかし、今回は、全世界が注目しているのだから、もう一度、試みてもいいのではないか。中国としても、謝罪と賠償を要求しているのだから、今回ばかりは無視するわけにはいかないのではないだろうか。それと共に、日本の抱えている領土問題全部を提訴してみたらどうだろうか。

国家間の紛争を戦争で解決する道を放棄している日本は、対話という道を選択すべしとは言いやすいが、効力を考えたら、国際機関で決着を図る以外に有効な手段はないのではないだろうか。

この方法がだめであれば、別の方法を考えなければならない。

|

« 戦略的互恵関係 | トップページ | 北方領土 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 戦略的互恵関係 | トップページ | 北方領土 »