« 中国のキリスト教 | トップページ | 戦略的互恵関係 »

2010年9月28日 (火)

ビデオの公開

尖閣諸島沖の漁船衝突事件で、衝突前後のビデオがあるという。公開が検討されているようだけれど、公開すべきと思う。事件は、国際的な広がりを持つようになった。全世界が、この成り行きを注目している。

船長の処分保留での釈放は、やはり政治的判断があったのだろうけれど、日本の国民には、何か釈然としないものが残っているのではないだろうか。しかし、それは、審議を那覇地検という限られた場ではなく、全世界に移すという手段なのだと考えれば、納得されるのではないだろうか。

事実の前に、どう解釈するのか。船長は釈放されたが、ビデオが公開されれば、全世界に対しての釈明が求められるであろう。結果的には、日本にとっては、その方がよかったということになるかも知れない。

|

« 中国のキリスト教 | トップページ | 戦略的互恵関係 »

コメント

菅政権は、ヤクザ大国・中国の恫喝に簡単に屈服する政権であることを世界に証明し、悪しき事例を残した。
弱腰の菅・仙谷政権を消滅させなければ、尖閣諸島はヤクザ中国に実効支配される可能性がある。
民主党政権には期待できないが、先手を打って尖閣諸島に海上保安庁から遠隔操作できる望遠の船舶監視カメラが4台付いた無人灯台を設置して日本の領土であることを明確にすることが望まれる。
蓮舫は、民主党の意向に沿って事業仕分けで防衛費を削り日本を弱体化することを企ててきた。
野党各党はそれぞれの立場で国会において徹底的に菅・仙谷政権を追及し、衆議院を解散に追い込んで頂きたい。
日本国のために、菅及び仙谷を含む民主党の全ての左傾議員を落選させることが望ましい。

投稿: ヤクザ国家・中国 | 2010年9月28日 (火) 18時50分

ビデオは公開されないようです。穏便にという配慮からのようです。しかし、中国の言い分には正当性があるのか、大前研一氏の、この件に関する年表では、いくらかあるようです。それにしても、お互いの言い分をテレビで、朝まで議論するような企画を立てても面白いのではないかと思います。自分の言い分だれではなく、相手の言い分も真剣に聞くという態度が必要と思います。

投稿: | 2010年10月 8日 (金) 16時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国のキリスト教 | トップページ | 戦略的互恵関係 »