« 強制起訴 | トップページ | 少年よ、大志を抱け »

2010年10月 5日 (火)

戦略的互恵関係

最近、戦略的互恵関係という言葉をテレビでよく聞く。日中関係のこじれを解消するための呪文のようでもある。この言葉での合意は日中間にあるので、現状打開のためによく引用されるのであろう。

問題は、尖閣諸島の帰属が日中で対立していることであり、これは「絶対的対立」である。この前提の中で語られているのが、戦略的互恵関係である。

この言葉で連想するのが、西田幾多郎の「絶対矛盾的自己同一」という言葉である。日中は、尖閣諸島帰属に関しては、「絶対的に矛盾」している。しかし、それでは両国とも成り立たない。そこで、どうするか、ということだが、そこに「戦略的互恵関係」という言葉が登場している。

ところで、絶対矛盾的自己同一には内実があるのだろうか。ただ、言葉だけなのだろうか。いや、言葉だけではなく、何かの現実が含まれているのではないだろうか。では、その現実が戦略的互恵関係にも反映されていいのではないだろうか。

ともあれ、日本国民は、日中の首脳の言葉により、難問を突きつけられている。戦略的互恵関係という突破口は、どこにあるのか。こうなると、国家の限界にまで考察を進めなければならないのではないだろうか。国家とは何か。どうしてそれが生まれたのか。戦略的互恵関係とは、国家を超えたところに目を向けよという意味でなければ、何を意味するのだろうか。

|

« 強制起訴 | トップページ | 少年よ、大志を抱け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 強制起訴 | トップページ | 少年よ、大志を抱け »