« 北方領土 | トップページ | 戦略的互恵関係 »

2010年10月 5日 (火)

強制起訴

小沢一郎氏が検察審査会によって強制起訴された。意外と思う人もいるようだが、疑惑が残る以上、審査会の判断は当然とも思える。

プロの検察が二回も起訴を断念した。だから、素人の審査会も同様だろうという期待を、小沢氏は語っていた。そういう結果になると思った人も多いかも知れない。しかし、結果は違った。号外も出て、驚きを表現してた。しかし、よく考えれば、当然の結果だったのではないだろうか。

プロの検察が起訴を断念した。だから、検察審査会も、そうするだろうと思ったとすれば、審査会があるという存在理由は何なのかという問いが生まれる。だから、審査会としては、起訴相当の判断しかなかったのだろう。 もし、それ以外の判断をすれば、国民の間に残る疑惑の解明に貢献できる道が備えられているのに、その権利を行使しなかったということで、逆に、審査会は、国民に顔向けが出来ない事態になったかも知れない。

審査会は、有罪と判断して、起訴相当の判断をしたのではないであろう。ただ、疑惑をこのままにしてはおけないという判断だったのではないだろうか。裁判の結果、無罪判決が出ても、それは審査会の敗北を意味するのではなく、それによって国民の間に漂う疑惑の解明に対し、やるべきことはしたということで、納得できるのではないだろうか。

|

« 北方領土 | トップページ | 戦略的互恵関係 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北方領土 | トップページ | 戦略的互恵関係 »