« 少年よ、大志を抱け | トップページ | 再臨待望の歌 »

2010年10月25日 (月)

公会主義

日本のプロテスタント史の初期に日本キリスト公会という言葉が出てくる。教派主義への反省から、教派でない教会の設立を考えた。宣教師の意図が強く働いたのだろう。しかし、まもなく、その公会の歴史は終わり、諸教派の時代が始まった。明治、大正の時代が過ぎていく。昭和の時代を迎えた。

そして、先の戦争の始まる1年前、昭和15年に出来た宗教団体法で、日本基督教団が生まれた。しかし、戦後、教団離脱が続き、それぞれが教派の信仰を掲げて、教会形成に励んできた。それらの教会の多くは福音派という合言葉の中で、教団批判をしてきた。中には、戦争への協力という反省から、教団の成立の原点への疑義を表す人もいた。そこには、公会の持つ意義は顧みられていない。

しかし、教団の中には、教団成立を肯定する人たちもいた。当然のことであろう。それは、以前は余り明確に意識されていなかったかも知れないが、何人かの人たちが指摘していた。それはプロテスタント教会史における公会の意義についてであった。

最近、ウィキペディアなどを見ていると、教団のアイデンティティとして、この公会主義の指摘が目につくようになった。おそらく、それが日本キリスト教団の意義なのかも知れない。そこには、教派とは何か、その負の遺産への反省が込められているのではないだろうか。

しかし、公会主義と教派の信仰とは、どういう関係なのだろうか。ウェスレーとカルビンとは、一人の信徒の信仰の中で共存できるのだろうか。それらの課題に、公会主義は何と答えるのだろうか。

|

« 少年よ、大志を抱け | トップページ | 再臨待望の歌 »

コメント

いつも読ませていただいております。カルヴァンとウェスレーが一人の信徒の中で同居できるのか、というくだり、小生もよく感じております。予定説とアルミニウス主義の差異とでも言うんでしょうか。

「新しき中世」に刺激されて、自分向けにブログを始めました(日記だと緊張感がないので、あえて公開はしてます)。

http://blogs.yahoo.co.jp/anhkim0104

今出川六郎51歳

投稿: 今出川六郎 | 2010年11月27日 (土) 18時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 少年よ、大志を抱け | トップページ | 再臨待望の歌 »