« クリスマスの準備 | トップページ | もう一つの中世 »

2010年11月29日 (月)

空中再臨

「ステファノは聖霊に満たされ、天を見つめ、神の栄光と神の右に立っておられるイエスとを見て、「天が開いて、人の子が神の右に立っておられるのが見える」と言った」(使徒言行録7・55~56)

キリストの再臨は信仰個条であり、疑うことは許されていない。しかし、それがどういうものかは、プロテスタントの中には、いろいろな説がある。空中再臨、地上再臨があり、空中再臨後に千年王国が始まると考えられている。しかし、それは一つの説であり、千年王国の後に再臨とか(その場合は、空中再臨はないのだろうか?)、千年王国はないとか、いろいろと説はある。では、あなたはどうなのか。

空中再臨については、荒唐無稽といった印象を持つ人もいるかも知れないが、聖書(テサロニケⅠ 4・15~18)に、その根拠がある。その聖書個所をどう解釈するのか。

地上再臨とは、具体的な、最終的な出来事であろう。とすれば、空中再臨とは、それと区別されるであろう。であれば、ある意味で途上のものであるかも知れない。歴史の過程における、信仰上の出来事なのかも知れない。殉教者ステファノが見たもの、そういう出来事の中に、空中再臨を考えることはできないであろうか。しかし、空中再臨を、そう解釈している人は、いないかも知れない。

|

« クリスマスの準備 | トップページ | もう一つの中世 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマスの準備 | トップページ | もう一つの中世 »