« 波多野精一の再臨信仰 | トップページ | 辺境の地 »

2011年1月27日 (木)

善の欠如

昔、カトリックの神父さんから、「悪は善の欠如」と教えられた。当時、プロテスタントだった私は、悪はもっと積極的なものと反発を感じていた。先日、文春文庫「バチカン・エクソシスト」を買い、読んだ。悪は善の欠如ではなかった。

|

« 波多野精一の再臨信仰 | トップページ | 辺境の地 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 波多野精一の再臨信仰 | トップページ | 辺境の地 »