« 初夢 | トップページ | 天使祝詞 »

2011年1月 5日 (水)

聖霊を汚す

NHKラジオ深夜便で「深夜便のうた」として紹介された「明日の朝、神様がいらっしゃるよ」の中に、こんな歌詞があります。

「明日の朝 神様がいらっしゃるよ
愛を汚した罪人たちに
剣の裁き下しに」

厳しいなあ、と思いました。しかし、聖書の、あの個所を思い、同じようなものだろうと思いました。聖書には、こうあります。

「また人の子に対して言い逆らう者は、ゆるされるであろう。しかし、聖霊に対して言い逆らう者は、この世でも、きたるべき世でも、ゆるされることはない」(マタイ12・32)

「また、人の子に言い逆らう者はゆるされるであろうが、聖霊をけがす者は、ゆるされることはない」(ルカ12・12)。

聖書では、聖霊とあり、歌では愛とあります。この二つは一つといってもいいかも知れません。「神は愛なり」と言うのですから。

神に生きるとは、愛に生きること、そして、愛に生きるとは、神に生きること。この二つは同じことなのだろうと思います。

|

« 初夢 | トップページ | 天使祝詞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初夢 | トップページ | 天使祝詞 »