« ウェスレーの信仰 | トップページ | 人生の意味を問う »

2011年3月28日 (月)

千年王国論

再臨への関心は千年王国の解釈を求めている。この点では、さまざまな立場がある。それらを知るには、講談社選書メチエ『千年王国を夢みた革命-17世紀英米のピューリタン』(岩井淳著、講談社)がある。それらをどう解釈するのか、自分なりに探求していくのも意義もあることであろう。それは、現在の生き方と関係しているからである。

|

« ウェスレーの信仰 | トップページ | 人生の意味を問う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウェスレーの信仰 | トップページ | 人生の意味を問う »