« 「新しき中世」 | トップページ | 四重の福音 »

2011年4月27日 (水)

トマス・アクィナスの理解

中央公論社「世界の名著」14巻『アウグスティヌス』(責任編集・山田晶)の付録として、「キリスト教思想と人間」と題する、遠藤周作と山田晶の対談がある。その中で、山田氏は、トミズムとトマスの区別の必要を指摘している。

「山田 トマスの問題ですが、いわゆるトミズムとトマスを区別しなければならないと思うんです。トマスは、何十年もかかってアリストテレス、アウグスティヌスやアヴェロエスなどの古典や、あの時代の新しい知識を全部吸収し、そのうえで神学の体系をつくっていくわけです。しかも、それが完結しないで、最後は未完結に終わっている。ところが、神学校で限られた年限でトマスをやるとなると、非常に教科書的な公式的なものになってしまうんですね。ある意味で、トマスの精神が消されて、反対のようなことが行なわれているんじゃないかと思うんです。われわれがいまトマスからなにをいちばん深く学ぶべきかといったら、いろいろな思想にたいする謙虚な理解の態度だと思うんです。トマスは体系的な著作をする前に、アリストテレスや聖書などの非常に深いコメンタリーをたくさん作っていますね。」

学ぶべきは、諸思想に対するトマスの謙虚な理解の態度、と山田氏はいう。その通りと思う。山田氏の責任編集で、世界の名著20『トマス・アクィナス』(中央公論社)がある。トマスが、どういう人物であったか、この本が明らかにしている。スコラ学というと、実存的でないとして、関心が薄かったが、この本を読むことで、トマスの偉大さが分かったような気がする。異端に対する態度は、突き放すような傲慢な態度ではなく、それに含まれる真理を大切にしている謙虚さが「神学大全」には溢れている。

|

« 「新しき中世」 | トップページ | 四重の福音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「新しき中世」 | トップページ | 四重の福音 »