« 予定論の論理 | トップページ | 現代の野外伝道 »

2011年5月20日 (金)

宣教の動力

「内的な喜びの新しい泉というものは、流れて行くべき水路を求めるものである。彼はやむにやまれずあかしをするようになった」(『信仰に生き抜いた人、ジョージ・ミュラー』A・T・ピアソン著)

|

« 予定論の論理 | トップページ | 現代の野外伝道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 予定論の論理 | トップページ | 現代の野外伝道 »