« 教会と神の国 | トップページ | 「善は悪の欠如」 »

2011年5月16日 (月)

回心

内村鑑三は回心について、こう言っている。

「一国民は言うまでもなく、一人の人間と雖も、一日にて回心せしめらるべきものと信ずる勿れ」(『代表的日本人』)

回心が聖化、完全な聖化を意味するのであれば、その通りであろう。しかし、新生、救いを意味するのであれば、一日もかからない。一瞬であろう。

例えば、ブッダの悟りは一日もかかったであろうか。一瞬の出来事ではなかったであろうか。

回心とは何か、その定義を考える必要があろう。

|

« 教会と神の国 | トップページ | 「善は悪の欠如」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 教会と神の国 | トップページ | 「善は悪の欠如」 »