« 親鸞没後750年 | トップページ | 煉獄 »

2011年6月17日 (金)

吉満義彦の連載

現在、注目されている評論家の若松英輔さんが季刊『三田文学』に吉満義彦の連載をしていて、既に2回、掲載されている。

若松さんは『三田文学』に、「須賀敦子の足跡--異端者の信仰とその祈願」、「小林秀雄と井筒俊彦--神秘的人間とその系譜」、「越知保夫とその時代 求道の文学」、「井筒俊彦--東洋への道程」などの作品を発表されている。若松さんがカトリックかどうか知らないが、須賀敦子さんについての評論はカトリックでも、なかなか書けない力作だと思う。

|

« 親鸞没後750年 | トップページ | 煉獄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 親鸞没後750年 | トップページ | 煉獄 »