« 罪と償い | トップページ | 聖霊の時代 »

2011年6月 5日 (日)

天使祝詞

マリア崇拝という言葉があり、偶像崇拝のように受け取られている。しかし、マリアは神ではない。マリアに祈るカトリック信徒たちは、マリアを神と思っていのるのではない。

では、なぜ、マリアに祈るのか。

一つは取り次ぎと言われている。多くのカトリック信徒の考えているのは、この取り次ぎであろう。

しかし、もう一つの意味があるかも知れない。それは、マリアの信仰である。

その時、思うのは、ヨナの失敗である。ヨナの失敗と自分の失敗を重ねて考える人にとって、マリアの従順に参与することは、償いの意味を持つかも知れない。その具体的実践が天使祝詞なのかも知れない。

こう考えると、天使祝詞には大きな意味があると思えてくる。

|

« 罪と償い | トップページ | 聖霊の時代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 罪と償い | トップページ | 聖霊の時代 »