« 聖霊の時代 | トップページ | 神の国と教会 »

2011年6月 8日 (水)

東京電力の限界

東京電力が福島第一原発の事故の中で、撤退したいと伝えたら、菅総理が東電本店に乗り込んで、「ふざけるな」と怒鳴ったという。撤退は現場作業員を全員退去させるという意味にとられたのだろうか。しかし、東京電力が自分らの能力を超えているので、国にお願いしたい、という意味もあったのかも知れないと思う。「国にお願いしたい」の意図を勘違いしたのではないだろうか。今回の事故の処理は、一企業の能力を超えていると思われる。

|

« 聖霊の時代 | トップページ | 神の国と教会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 聖霊の時代 | トップページ | 神の国と教会 »