« 法然と親鸞 | トップページ | 池上彰さんの近著 »

2011年7月26日 (火)

携挙

イエスは、自分に従いたいなら、家族との絆を考えるな、と言われた。血縁とは、普通の人間には強い絆であるが、もっと強い絆にあなたは入るので、血縁の絆を考える余裕がなくなってしまうよ、という意味だろうか。

残された家族にとっては、身内が突然、携挙されたように思うのではないだろうか。

携挙は、漢字から意味は分かるけど、英語のラプチャーから、その意味を探ることは難しい。ラプチャーの意味は有頂天、狂喜、歓喜。

思えば、携挙の携は携帯の携だ。携挙の時には携帯が活躍するよ、という暗示なのだろうか。

|

« 法然と親鸞 | トップページ | 池上彰さんの近著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 法然と親鸞 | トップページ | 池上彰さんの近著 »